いまなぜ精神分析なのか――抑うつ社会のなかで
エリザベート・ルディネスコ
いまなぜ精神分析なのか
――抑うつ社会のなかで
信友建志・笹田恭史 訳
発行元 : 洛北出版
四六判 ・ 上製 ・ 272頁
2008年4月中旬発売
ISBN 978-4-903127-06-4
定価(本体価格 2,400円+税)
精神分析なんか、いらない?

こころをモノとしてあつかう抑うつ社会のなかで、精神分析はいま、手ひどく非難されています。こころの苦しみは脳に原因があるのだから、薬のほうがずっと効果的だ、だからはやく治療法をあらためるべきだと……。いったいなぜこういうことになったのでしょうか?

本書は、精神分析100年の歴史をふりかえりながら、この疑問に真正面から答えます。そして、現代社会の悲惨さにたいして、いま精神分析になにができるのか、その歴史的使命の確認と、あらたな臨床の創造をうったえます。

日本の将来を考えていくうえで、いくつものヒントがある案内書です。平易なことばで、これからのこころの治療のありかたを、読者に語りかけます。
『いまなぜ精神分析なのか』





『いまなぜ精神分析なのか』





『いまなぜ精神分析なのか』
本書の目次

まえがき

第1部
抑うつ社会
1 主体の敗北
2 魂の治療薬
3 ココロはモノではない
4 行動主義的人間

第2部
無意識をめぐる大論争
1 フランケンシュタインの脳
2 「秋分の日の手紙」
3 アメリカにおけるフロイトの死
4 フランスの科学主義

第3部
精神分析の未来
1 科学と精神分析
2 悲劇的人間
3 普遍、差異、排除
4 精神分析制度批判

訳者解説
索 引(人名・事項)
『いまなぜ精神分析なのか』
著者紹介

エリザベート・ルディネスコ Elisabeth Roudinesco

1944年、パリに生まれる。ソルボンヌで現代文学を学ぶとともに、精神分析家としての訓練も開始。現在はパリ第7大学歴史学研究指導講師をつとめる。また、「国際精神医学史・精神分析史学会」会長の要職にある一方、「ル・モンド」紙をはじめとするジャーナリズムへの寄稿も盛んに行なっている。そのエネルギッシュな語り口とともに、フランスでは、こんにち、もっとも著名な精神分析家のひとりである。

邦訳書として、『ジャック・ラカン伝』(藤野邦夫訳、河出書房新社、2001年)、フランスの哲学者ジャック・デリダとの共著『来たるべき世界のために』(藤本一勇、金澤忠信訳、岩波書店、2003年)がある。
訳者紹介

信友 建志 (のぶとも・けんじ) Kenji NOBUTOMO

1973年生。京都大学人間・環境学研究科博士後期課程修了。思想史・精神分析専攻。現在、龍谷大学非常勤講師。
主な著書として、『メディアと無意識――「夢語りの場」の探求』(共著、弘文堂、2007年)、『フロイト=ラカン』(共著、講談社選書メチエ、2005年)など。主な訳書として、イグナシオ・ラモネ他『グローバリゼーション・新自由主義批判事典』(共訳、作品社、2006年)、ローラン・ディスポ『テロル機械』(共訳、現代思潮新社、2002年)など。

笹田 恭史 (ささだ・たかふみ) Takafumi SASADA

1969年生。主な訳書として、ジル・ドゥルーズ『無人島1969‐1974』(共訳、河出書房新社、2003年)、同著『狂人の二つの体制1975‐1982』(共訳、河出書房新社、2004年)、同著『狂人の二つの体制1983‐1995』(共訳、河出書房新社、2004年)、アルフォンソ・リンギス『異邦の身体』(共訳、河出書房新社、2005年)など。
関連書

エリザベート・ルディネスコの邦訳書としては――

◆ 『ジャック・ラカン伝』(藤野邦夫訳、河出書房新社、2001年)
◆ ジャック・デリダとの共著 『来たるべき世界のために』(藤本一勇、金澤忠信訳、岩波書店、2003年)

がある。

また、本書と関連する書籍としては――

◆ エリオット・S・ヴァレンスタイン著 『精神疾患は脳の病気か? ――向精神薬の科学と虚構』(功刀浩監訳、中塚公子訳、みすず書房、2008年、注:「功」の字は正しくは「エ+刀」)
◆ アンリ・エレンベルガー著 『無意識の発見――力動精神医学発達史』(木村敏・中井久夫監訳、弘文堂、1980年)
◆ ジャック・デリダ著 『精神分析の抵抗――フロイト、ラカン、フーコー』(鵜飼哲、守中高明、石田英敬訳、青土社、2007年)

などがある。
書評

◆ 「朝日新聞」2008年6月8日・日曜日・朝刊 香山リカ氏(精神科医)による書評掲載
◆ 「週刊 読書人」2008年5月23日号 十川幸司氏(精神科医)による書評掲載
◆ 月刊「STUDIO VOICE」2008年7月号 紹介記事