トップページ写真


New Books
叫びの都市 ―― 寄せ場、釜ヶ崎、流動的下層労働者
『叫びの都市
 ―― 寄せ場、釜ヶ崎、流動的下層労働者』
原口 剛[著]

「流動的下層労働者」たちは、かつて、職や生存を求め、都市空間の深みを潜り抜けた。陸と海を、山谷‐寿町‐笹島‐釜ヶ崎を行き交う、群れとなったのだ。その身体の流動は、いかなる空間を生み出していったのか。こんにちの「社会の総寄せ場化」、「釜ヶ崎的状況」を生き残る術〔すべ〕を手繰りよせるための、渾身の一冊。
『食人の形而上学
 ―― ポスト構造主義的人類学への道』
エドゥアルド・ヴィヴェイロス・デ・カストロ[著]
檜垣立哉 + 山崎吾郎[訳]

『アンチ・オイディプス』から『アンチ・ナルシス』へ。ブラジルから出現した、マイナー科学としての人類学(レヴィ=ストロース × ドゥルーズ+ガタリ × ヴィヴェイロス・デ・カストロ)。人類学と哲学のあいだを横断し、パースペクティヴ主義や多自然主義といったアマゾンの視点から、多様体を増殖させるアンチ・ナルシシズムを全開する。
レズビアン・アイデンティティーズ
『レズビアン・アイデンティティーズ』
堀江有里[著]

生きがたさへの、怒り―― 「わたしは、使い古された言葉〈アイデンティティ〉のなかに、その限界だけでなく、未完の可能性をみつけだしてみたい。とくに、わたし自身がこだわってきたレズビアン(たち)をめぐる〈アイデンティティーズ〉の可能性について、えがいてみたい。」
何も共有していない者たちの共同体
『何も共有していない者たちの共同体』
アルフォンソ・リンギス[著]
野谷啓二[訳]/堀田義太郎・田崎英明[解説]

どこから来たか、ではない。なにができるか、でもない。私たちと何も共有するもののない――人種的つながりも、言語も、宗教も、経済的な利害関係もない――人びとの死が、私たちと関係しているのではないか? すべての「クズ共」のための、官能に充ちた讃歌。
トップ画像2