釜ヶ崎のススメ
村上 潔[著]
『主婦と労働のもつれ
 ―― その争点と運動』
 
 
発行元 洛北出版
四六判・上製・334頁
2012年4月末発売
ISBN 978-4-903127-15-6 C0036
定価(本体価格 3,200円+税)







『主婦と労働のもつれ』











『主婦と労働のもつれ』






「主婦的状況」
 の過去と現在


「働かざるをえない主婦」、そして「勤めていない主婦」は、
戦後の日本社会において、
どのように位置づけられてきたのか/こなかったのか?
当事者たちは、どのように応答し、運動してきたのか?





『主婦と労働のもつれ』








目次



   序 章
本書の問題意識と構成

   問題意識
   本書の構成



   第1章
主婦は「働くべき」か? という問い
――「主婦論争」再検討

   「主婦論争」の様相
   「主婦論争」の問題点
   「主婦論争」の新たな理解モデル
    論争以後の、当事者による諸実践の意味
    まとめにかえて


   第2章
「主婦パート」は何が問題か
――初期パート労働評価について

   高度成長期における「主婦」の「パートタイム労働」
   パート労働への評価
   論点の整理と問題の所在
   まとめにかえて


   第3章
「主婦性」と格闘/葛藤する主婦
―― 1970年代、東京都国立市公民館での実践

   「主婦的状況」の探求
   「主婦的状況」そのものの問題化
    その後の「主婦的状況」をめぐる問題提起
    まとめにかえて


   第4章
「主婦的状況」を撃て!
――〈主婦戦線〉の/という戦い

   〈主婦戦線〉の活動とその思想(1)
   〈主婦戦線〉の活動とその思想(2)
   〈主婦戦線〉の活動とその思想(3)
   〈主婦戦線〉の思想の特徴
    まとめにかえて


   第5章
「パート主婦」は労働者である
――〈主婦の立場から女解放を考える会〉・
  〈パート・未組織労働者連絡会〉の奔走

   〈主婦戦線〉、〈主婦の立場から女解放を考える会〉、
      〈パート・未組織労働者連絡会〉
   パート問題は「労働問題ではなく主婦問題」
   「働き続けるべき論」批判・「ひまつぶしパート」言説批判
   パート問題は「主婦問題ではなく労働問題」
   まとめにかえて


   第6章
主婦だからできる「働き」?
――ワーカーズ・コレクティブのアポリア

   主婦たちの労働実践としてのワーカーズ・コレクティブ
   日本の労働者協同組合が抱える問題
   ワーカーズ・コレクティブの現在的地平はどこにあるのか
   ワーカーズ・コレクティブの今後の展望
   まとめにかえて


   終 章
働く/働かない/働けない、主婦と女性の行く末

   諸論点へのアプローチ
   いま、「主婦」を問題にすること
   おわりに


あとがき
文献一覧
索  引





『主婦と労働のもつれ』












『主婦と労働のもつれ』






本書の中身

本書の序文(15ページから30ページまで)を、印刷前の状態ですが、ご覧いただけます。
(目次・序文の閲覧には、Flash Player 9.0以上が必要になります。)
執筆者紹介

村上 潔  Murakami Kiyoshi
1976年、横浜市生まれ。専門は現代女性思想・運動史。東洋大学文学部史学科(日本史専攻)卒業。東洋大学大学院文学研究科日本史学専攻博士前期課程修了[文学修士]。立命館大学大学院先端総合学術研究科一貫制博士課程修了[博士(学術)]。現在、立命館大学衣笠総合研究機構研究員、立命館大学大学院先端総合学術研究科非常勤講師。
著書に、『家族性分業論前哨』(立岩真也との共著、2011年、生活書院)、『差異の繋争点――現代の差別を読み解く』(天田城介・山本崇記との共編著、2012年、ハーベスト社)。
論文に、「「女性と/の貧困」の問題化におけるアジェンダと展望――〈女性と貧困ネットワーク〉の事例から」(『社会文化研究』第13号、2011年)、「労働基準法改定の動静における女性運動内部の相克とその意味――「保護」と「平等」をめぐる陥穽点を軸として」(『現代社会学理論研究』第6号、2012年)など。
Webページ
http://www.arsvi.com/w/mk02.htm

装幀

本文デザイン・組版・カバーデザイン
洛北出版 編集







『主婦と労働のもつれ』











書評

『ele-king』
Book Reviews
村上 潔 『主婦と労働のもつれ――その争点と運動』
水越真紀 筆(2012年7月2日)
『ele-king』

『週刊 読書人』
村上 潔 「主婦の割り切れなさと向き合う」
『週刊読書人』 (2945号 2012年6月29日) 9面
「(連載) ニュー・エイジ登場[378]」
「小社ブログ」

「京都新聞」(2012年6月8日 朝刊)
「個人と社会 二極化の流れに警鐘 村上潔さんが本出版」
「小社ブログ」

その他の書評の詳細は、webページ「生存学創成拠点」もご参照くださいませ。
「生存学創成拠点(立命館大学)」